総合エンジニアリング&サービス ミライトグループ

1

つくる。まもる。快適な社会のしくみを つくる。まもる。

事業活動による価値創造

情報通信環境を次のステージへ

新たな可能性を拓く5Gには、様ざまな技術的ハードルもあります。 ミライトグループは、5G時代を到来させる重要な担い手となるべく、新技術の習得と開発に努めています。

情報通信環境を次のステージへ

ミライトグループが構築・維持・更新してきた情報通信環境は、まさしく基幹的な社会インフラです。そして、このインフラは現在、10年に一度の大きな移行期を迎えています。
2020年4月から、第5世代移動通信システム(5G)の商用サービスの提供が開始されました。5Gには、高速・大容量、多数の端末との同時接続が可能、そして低遅延(タイムラグの少なさ)、という特徴があります。そのため、5Gは IoT(インターネットにあらゆるモノをつなげていく技術)をフル活用する時代の産業・社会基盤となります。
5Gは、今後段階的に普及が進んでいきます。当社グループは、5Gの普及を加速させる新しいエリア構築技術の開発に取り組んできており、支援ソリューションの提供を早期に実現しました。

5Gの特徴

  • 高速・大容量:最大10Gbps
    (4Gの10倍以上)
  • 低遅延:1ミリ秒以下
    (4Gの10分の1)
  • 多数同時接続:100万台/1k㎡
    (4Gの10倍)

5Gのエリア構築技術を確立する

5Gの特徴を各地の様ざまな場面において実際に発揮させるには、クリアすべき技術的な課題があります。
その一つが、5Gが利用する高周波数帯の電波の直進性と、建物などの遮蔽物による減衰です。5Gの電波を、4Gと同じように反射して回り込めるようにするために、反射板を使用するアプローチが提案されています。(株)ミライトは、米国のスタートアップ企業 Metawave Corporationが開発したメタマテリアル※1反射板製品の実用性を評価。準ミリ波帯※2での電波伝搬実験を行ったところ、その結果が期待された性能レベルであることを確認しました。さらに、屋内空間の 3Dデータ化、電波伝搬シミュレーション、反射板の設計といった一連の工程を踏まえて、 5Gエリア構築におけるメタマテリアル反射板の有効性を詳しく検証しています。
こうした技術開発を基礎に、(株)ミライトは、ローカル5Gを導入する企業に対して、導入のためのコンサルティングから設計、施工、免許申請等を支援する「ローカル5G無線エリア構築ソリューション」の提供を 2020年6月中旬より開始しました。まずは主に、製造工程を可視化するスマート工場のニーズに応えることをめざしています。通信建設会社ならではの信頼性と3D技術を用いた設計などの先端技術を基礎に、導入におけるサポートを提供しています。
さらに、通信事業者はもちろん、プライベートなネットワークの構築をめざす建設現場、物流・倉庫、スタジアム、ホテル、オフィスビル等、幅広い活用が見込まれる5Gにおいて、準ミリ波を用いた効率的できめ細かなエリア形成に貢献していきます。
そして、ローカル5Gの無線エリア構築にとどまらず、LPWA※3やWi-Fi等も組み合わせた総合的なネットワーク構築の提供にも取り組んでいます。

※1 メタマテリアル:光を含む電磁波に対して、自然界の物質には無い振る舞いをする人工物質のこと
※2 準ミリ波帯:高周波無線において波長がミリメートルに近い周波数帯域の呼称
※3 LPWA(Low Power Wide Area):省電力・長距離の通信を実現する技術

ローカル5G無線エリア構築用機材の特性測定

5G向け訓練用通信鉄塔施設の開設

(株)ミライト・テクノロジーズは2019年11月に、5Gの本格展開に備えて、西日本で初となる訓練用通信鉄塔施設を、関西ハイパーテクノポート(神戸市東灘区、六甲アイランド内)に開設しました。
この施設は、技術者に対して高所におけるアンテナ設備、無線装置、配線設備の工事・保守を、正確かつ安全に行えるマルチスキル(有線・無線)の習得を目的としています。
5G向けの研修を積極的に実施することで、固定系・無線系通信設備について工事から保守までを担える技術者を年間180名育成する予定です。今後はさらに、グループ会社やパートナー会社の技術者のマルチスキル化を図ることにより、西日本エリアを中心に工事から保守を担える技術者を育成する場として利用展開を進めていく予定です。