つくる。まもる。[CSRの取り組み]社会との信頼 をつくる。まもる。

サプライチェーンにおける社会的責任

取引会社を評価・選定するにあたり、CSRへの姿勢も考慮することによって、サプライチェーンにおける社会的責任の推進に努めています。

取引会社の評価基準としてのCSR

 ミライトグループでは、統合マネジメントシステム(関連情報)の一環として、取引会社が要求事項に従って製品・サービスを供給する能力を判断するとともに、規定した要求事項に購買製品が適合することを確実にするために取引会社を評価・選定することを目的に、「購買管理規定」を制定しています。同規定は、材料、半製品、測定機器などを取り扱う会社(供給者)とサービスを提供する会社(協力会社)の両方を対象として想定しています。
 (株)ミライト・テクノロジーズは、取引会社(国内)の評価・選定にあたり、共通の評価項目を使用しています。お客さまの満足を得るために直接的に必要となる項目に加えて、CSRに関する取り組み姿勢を評価する項目も盛り込んでいます。CSRへの姿勢は、環境への配慮(推進体制、化学物質管理、CO2排出削減、産業廃棄物削減)および地域社会への貢献(社会貢献活動、地域やNPO・NGOとの対話)について個別にヒアリングを行った上で、総合的に評価しています。継続的に取引を行う会社には年1回、新規の取引を検討する場合にはその都度実施しています。評価が低くなった取引会社には、適宜改善の支援を行っています。
 (株)ミライトも、類似の評価体系を使用し、取引先の総合的な評価を行っています。

取引会社の評価項目:(株)ミライト・テクノロジーズ

項目 概要
メーカー保証 ISO9001の認証を取得、JIS認定、品質保証体制が確立、のいずれか
品質① 購入予定の製品が当社企画に適合している
品質② 受入検査の結果、不適合があったか
協力度 製品情報の提供要請への協力姿勢
供給能力 製造設備・在庫が確保されている
納期 納期遅れによる工事進捗への大きな影響がない
価格 当社の期待値への適合度
CSR CSRに関する取り組みを積極的に実施している ※下表の設問で総合的に評価

CSR活動に関して取引会社に尋ねる分野と設問

分野 設問
1. 環境への配慮

環境マネジメントシステム(ISO14001)を構築し、継続的な改善を行っているか

化学物質について、製品および製造過程において適正な管理を行っているか

CO2排出量削減についての目標を定め、環境負荷の少ない製造・加工・運送などのプロセス構築に努めているか

産業廃棄物削減についての目標を定め、適切な処理を行っているか

2. 地域社会への貢献

地域社会の発展に寄与する社会貢献活動を実施しているか

地域住民、NPOおよびNGOと定期的に対話するしくみがあるか


CSR調達の考え方

 ミライトグループでは、主要事業である情報通信エンジニアリング事業をはじめ、社会インフラの整備に関連する分野での事業展開にあたり、その調達に関し社会的課題や環境への配慮をサプライチェーンにわたって実践するため独自のガイドラインを定め、サプライヤーに協力を求めながら取り組みを推進しています。
 ガイドラインにおいては、CSRに関連する領域の中でも特に品質、納期、改善活動、経営の安定性、環境保全、情報資産管理の6領域を重視し運用しています。