総合エンジニアリング&サービス ミライトグループ

ESG
Social

安心・安全で豊かな社会をつくる、まもる

パートナーとの協働による社会価値の共創

ミライトグループは、協力会社をはじめ、お取引先との相互理解を深め、パートナーシップを より良好で強固なものとしながら、新しい社会価値の共創を進めていきます。

オープンイノベーションの追求

 当社グループの(株)ミライトは、次の技術やソリューションの創出に向け、スタートアップ企業との連携を核とするオープンイノベーションを進めています。

  • B Dash Ventures(株)が運用するインターネット関連企業向けベンチャーキャピタルファンド「B Dash Fund 4号投資事業有限責任組合」への出資。今後の5Gの拡大、そしてIoT、AI、VR・AR、ブロックチェーン、ロボティクスといった技術が進展させる社会全体のスマート化を見据え、有望なスタートアップ企業との関係強化やシナジー創出を狙うものです。
  • コンピューティングパワー分散処理ソリューションを提供するモルゲンロット(株)へ出資し、パートナーシップ体制を構築。5Gの高速大容量の特性を活かしたサービスの共同開発、今後のグリーンエネルギー活用ソリューションへの適用等を目的としています。また、同社のデータセンターの施工でも協業しています。
  • 水族館・ミュージアム施設や街づくりに関する企画、デザイン、構築、運営に強みを有するMMD(株)の出資および業務提携。国内外の都市再開発・商業施設における「コト消費」や「コミュニティ施設」としての水族館ニーズへの高まりに対し、同社との協業により、街づくりにおける新たな価値の提供に貢献していきます。
  • これからのスマートコネクテッド社会を支える次世代長距離電力線通信の実証と社会実装に向けた検討も進めています。MMD(株)、ヌリテレコム(株)、そして高速電力線通信のためのLSIの開発を進める(株)ソシオネクストと共同で取り組んでいます。
  • ※高速電力線通信(HD-PLC=High Definition – Power Line Communication)とは、電力線に通信信号を乗せる国際規格(IEEE1901-2020)に準拠した技術で、情報機器に必要な電源線を活用することで、専用の通信ネットワークを省き電力線に通信を集約することを可能とする

ローカル5G「ソリューション協創ラボ」の開設

 (株)ミライトは2021年4月1日、(株)NTTドコモと連携して、ミライト新木場ビル(東京都江東区)にローカル5G検証環境である「ソリューション協創ラボ」を開設しました。28GHz帯のミリ波を使用した5G検証環境を提供。また、ミライト豊洲ビル(東京都江東区)に4.8GHz〜4.9GHzのSub6を使用した5G検証環境の準備を進めており、パートナー企業製品の5G検証を支援します。さらに、協業を通じて、社会的な課題解決やより豊かな生活の実現につながる新しい5Gソリューションの創出にもつなげていきます。

ソリューション協創ラボ 検証ルーム

5Gの可能性を引き出す

 5Gが実現する通信環境は、社会の広範な場面にイノベーションの機会をもたらします。
 ドローンを活用したソリューションは、その代表例です。安全なドローンの運用には、5Gが実現する安定した通信環境が役立つためです。日々広がるドローンの用途のひとつに、社会インフラの管理があります。ミライトグループの東北エリアにおけるサービス展開を担う(株)TTKは、2019年度に(株)NTTドコモの「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参画し、5G・ドローン・ARスマートグラスを用いた遠隔ビル外壁点検の実証実験を実施。 現在は、ビルのほかに鉄塔や太陽光パネルも主対象に含むドローン設備点検サービスを提供しています。
 新しいゴルフの楽しみ方の提案も、当社グループにおける5G活用のひとつです。(株)ミライトは、総務省の「5G利活用アイデアコンテスト」に参画し、「5Gを活用したゴルフソリューション」を提案。同事業を通じて実証試験を行った後も、5G関連企業と協働し、高速大容量通信による映像解析、低遅延通信でのロボット操作、センサーデータの活用といった切り口から、プレーヤーとゴルフ場経営者にとって価値のあるソリューションの開発を進めています。2020年11月に開催した「5G×IoTゴルフソリューション展示会」では、高画質の映像配信、打球落下地点の予測、スイング診断、コース形状のVR視聴、ドローンによる飲料水の配送、IoTグリーン管理等を実演しました。

ドローンとARスマートグラスを活用したビル外壁点検

協力会社との連携強化

 ミライトグループでは、地域事業を推進し、拡大するため、協力会社との連携と事業体制基盤の強化を目的に、毎年、全国の各エリアごとに、地域交流会を開催しています。2020年度は、各事業の核となる協力会社約500社が参加しました。
 また、(株)ミライトでは、協力会社を会員としたミライト協力会を運営しています。会員相互の協力により、安全・品質・情報セキュリティ・コンプライアンスの向上、コストの低減、新しい技術への対応等に取り組むとともに、会員相互の理解とコミュニケーションを深めています。2020年度は、会員数が約200社になりました。