総合エンジニアリング&サービス ミライトグループ

ESG
Governance

公正・透明な企業グループをつくる、まもる

コンプライアンスの徹底

コンプライアンスの徹底

 当社は、企業文化を形成するための基礎である「経営の基本理念」「行動指針」と合わせ、企業倫理に関する基本方針と具体的行動指針をまとめた「企業倫理憲章」を「ミライトWAY」として体系化し、企業集団の全役員、全従業員に周知しています。
 また、「コンプライアンス・マニュアル」により、「贈収賄の禁止、接待、贈与の取扱い」「インサイダー取引規制」「利益相反行為の禁止」「反社会的勢力との対決」等に関する行動指針を定め、腐敗防止の徹底に努めています。
「コンプライアンス委員会」においては、企業集団内の個別課題について審議するとともにコンプライアンス推進活動の進捗状況を管理しており、当事業年度は2回開催しています。
 また、内部監査部門によるモニタリングを実施し、コンプライアンス推進活動の実効性を確認しています。なお、(株)ミライトでは、業務監査だけではなく、各組織でコンプライアンス推進員を指名し、自主的なチェックを行っています。
 さらに、毎年、従業員が日頃の業務を行う上で、コンプライアンスや業務の中に潜むリスクについてどの程度理解し、意識して行動しているかといった実態を把握するための調査を実施することでコンプライアンスの推進に取り組んでいます。

(1)研修

 「コンプライアンス規程」により当社のコンプライアンス推進活動に関わる基本的事項を定めるとともに、全役員、全従業員を対象として、コンプライアンス研修を実施し、コンプライアンス意識の向上に取り組んでいます。

(2)内部通報制度の整備

 当社は、企業集団における内部通報制度として、「コンプラ目安箱」、「なんでも相談室」を設置しており、横領、贈収賄、談合、汚職などのコンプライアンス違反、労働環境や人権(ハラスメントを含む)など様々な差別について問題が生じた場合の直接把握と早期対処を可能とする体制を整備するとともに、通報内容については「コンプライアンス委員会」に報告しています。

適正な納税

 当社グループでは、事業活動を行う各国・各地域についての税務関係法令等を遵守し、納税コンプライアンスの維持・向上に努め、適切に納税しています。