• 文字サイズ
  • S
  • M
  • L
ミライトグループのCSR

ミライトグループは、グループで働く全員がよりどころとする考え方「ミライトWAY」に基づき、グループ全体でCSR を推進しています。
人や社会と共存共栄する企業であり続けるために、最適なコーポレートガバナンスを構築するとともに、
事業やその他の活動を通して様ざまなCSR 活動を行っています。

  • 1 通信事業を核とし、常に新しい価値を創造する、「総合エンジニアリング&サービス会社」として、お客様から最高の満足と信頼を得られる日本のリーディングカンパニーを目指します。
  • 2 安全と品質を大切に、最高のサービスを提供することによって豊かで快適な社会の実現に寄与します。
  • 3 企業の社会的責任を果たし、常に人間を尊重する企業として、人や社会と共存共栄する企業であり続けます。
  • 1 「期待を超える」サービスを常に提供します!
  • 2 「安心と信頼」を現場力でさらに高めます!
  • 3 一歩前へ!「知恵と勇気」をかたちにします!
  • 4 「誠実と公正」を仕事の基本とします!
  • 5 豊かな未来を「強いチーム力」でつくります!
「ミライトグループ企業倫理憲章」
  • 1 「法令等遵守」に関する基本姿勢
  • 2 「お客さま」に対する基本姿勢
  • 3 「株主・債権者」に対する基本姿勢
  • 4 「取引先等」に対する基本姿勢
  • 5 「従事者・職場」に関する基本姿勢
  • 6 「社会・環境」に対する基本姿勢
  • 7 「個人情報・顧客情報及び知的財産の保護」に関する基本姿勢
  ミライトWAY

CSRの基本的な考え方

1

社会の要請や期待に応えて事業を継続させることで、ステークホルダーから長期的な信頼が得られるようにする。

2

本業に社会や環境などの諸課題への対応を組み込むことで、変化へ対応できる企業にする。

3

企業として持続可能な社会づくりに貢献することで、存在することを期待されるような「ブランド」にする。

CSR重点テーマ

環境 地域活性化 人材育成

環境負荷の増大は、地球の持続可能性を揺るがす大きな課題であり、日本のみならず世界において共通の重要な社会課題です。ミライトグループにおいても「環境・社会イノベーション事業」は中期経営計画の柱の一つとして位置づけられています。
ISO 26000などのガイドラインを参照しつつ、社会課題解決に向けて、社会的公器としての環境対応を推進するとともに、事業活動を通じた環境配慮型社会基盤の構築に寄与していきます。

社会の重要な構成単位である「地域社会」においては、地域経済の低迷や地域コミュニティの衰退など様ざまな課題があげられます。ミライトグループの事業は、地域との密接な関係のうえに成り立っているものであり、こうした社会課題との関係性が強いものです。行政組織や地域住民を中心とした関係者との密なコミュニケーションと連携をもって、社会・生活のインフラづくり、街づくりを推進し、地域活性化に貢献していきます。

建設業にかかわる人材の不足は、社会に重大な影響を及ぼします。近年の新しい社会課題に柔軟に対応できるよう、社会インフラの構築をはじめとしたミライトグループの事業推進に必要な技術力を備えた人材を育成するとともに、個々の専門性をいかしたダイバーシティを推進していきます。

■ CSRに関する主な取り組み