• 株式会社ミライト・ホールディングス
    代表取締役社長
    鈴木 正俊
  • 変わりゆく世界と新しい社会の要請を見据えながら、
    「総合エンジニアリング&サービス」力で
    未来へのかけ橋となる「今」をつくる。まもる。

過去の延長線上にはない未来と向き合う

 「ミライトグループ」の社名は、「未来+IT」に由来します。情報通信・電気設備エンジニアリングという一般の方々の目には触れにくい事業分野で、過去の延長線上にはない先行きの見えにくい未来に向け、変化し続ける社会の要請に応えて、必要な設備やシステムを「現実の形に仕上げる」。これが、私たちの不変のミッションです。

 2017年4月、ミライトグループでは、新たな中期経営計画を発表しました。これまでの実績を土台にフロンティアドメイン(今後の注力分野)に挑み、積極的に事業領域を開拓していく方向性を明示したものです。

 この開拓者精神は、創業の時代から続くグループの良き伝統です。ミライトグループの事業は、創業当時からのお客さまである通信会社の要請に応える形で、固定電話回線の敷設をはじめとする通信設備エンジニアリングから出発しました。近年、様ざまな業種や規模の企業、大学など教育機関、各地の自治体と、お客さまの新たなニーズや課題解決に対応する中でICTソリューションや環境・社会イノベーションといった新規事業分野を育てつつあります。

 今後も、これまで培ってきた技術を基礎に新しいアプローチで取り組みますが、これからの事業の中心は「あらかじめ形が決まったものを手がける仕事」ではなく、「お客さまとともに一つひとつ創り上げていく仕事」になると考えています。これら新規分野の売上比率は2016年度に全体の約4割となりましたが、中期経営計画の最終年度である2020年度には約6割に達すると見込んでいます。

新しい社会の要請に当事者として応える

 世界的な社会変化のメガトレンドとして、3つのD―デジタル化(digitalization)、脱炭素化(decarbonization)、人口変動(demographic change)―が注目されています。デジタル化により情報の取り扱いが容易になり、近年、ネットワークを流通するデータトラヒックの量は爆発的に増大しています。また、エネルギー・環境問題は世界的に深刻さを増す一方、世界の多くの国々で高齢化が進む中、同時に深刻な少子化も抱える日本では、戦後に整備された社会インフラの全国的な老朽化も相まって、今後の都市計画のあり方などのより困難を伴った課題が浮上しています。

 こうしたメガトレンドは、新しい社会課題であるとともに新たな可能性を生み出してもいます。それらの社会課題を解決することは、地球環境保全をはじめとする持続可能な社会に向けた貢献に直結することとなります。

 ミライトグループの核となるICT技術、電気設備や環境・エネルギーの分野で獲得してきたエンジニアリング力は、これらの社会課題の解決の決め手のひとつとして、引き続き期待されているところです。ミライトグループが掲げる「総合エンジニアリング&サービス」は、私たちが培ってきた様ざまなエンジニアリング力を組合せ、新たなサービスに転換し提供しようとするものです。課題が山積する社会に対し、ミライトグループがどのように貢献することができるか真価が問われる時代と捉え、果敢に挑戦していく所存です。

多様な人材の多様な視点をいかす

 ミライトグループでは、社会の要請を先んじて汲み取るため、目の前の仕事の周辺へと積極的に仕事を拡げています。例えば、通信会社や建設会社などのお客さまが手がけるスマートビルディングやスマートタウン。ICT、電気、エネルギーといった私たちミライトグループが培ってきた技術は、通信設備構築などで十分な実績を挙げており、新しい社会的なプロジェクトにおいても、効率良く貢献することが可能です。その土台として、幅広い技術・資格と経験値を持つ人材の基盤が不可欠であり、計画的に人材の成長支援を進めています。

 新規分野の開拓では、お客さまや協業者など相手の仕事を理解することが成功の鍵です。その仕事を学び、その立場に立ったエンジニアリングを提供できれば、コストと品質が釣り合う仕様通りの施工が実現します。上向きな市場環境が期待される2020年までに、こうした全体を見渡すコーディネイト力を磨くべく、一層技術を研鑽し実績を積みたいと考えています。

 そして、人材基盤の潜在力の発揮には、多様な人材の多様な視点をいかすことが重要です。

 個人が新たな仕事を切り拓き、仕事がその人を磨く。仕事を通じて社会との新しいつながりができ、可能性が広がる。ミライトグループはそうした個人のチャレンジを支える社会的信用力や成長支援策を提供するなど、多様な能力が存分に発揮されるための人材基盤の整備に向け、好循環を促す環境づくりを進めていきます。

「Your Company」として、社会とともに歩む

 エンジニアリングという分野では、一つの仕事の評価が次の仕事へとつながっていきます。その品質は、理解のしやすさ、使いやすさといった側面まで含め、お客さまの期待をいかに満たせたかによって評価されます。

 ミライトグループの事業活動は、社会との密接な関係の中で成り立つものです。地道ではあるが貴重な、有用な存在として世の中に「使っていただく」ことができているか。関わりのある全ての方々のことを考えることができているか。私たちは、この問いを一貫して大切にしてきました。

 私は、こうした姿勢を一言で伝えるため、「Your Company」という言葉を使っています。「我が社」ではなく、「あなたのために経営されている会社」という意味です。これからも皆さまに信頼される会社として持続的な成長を目指してまいります。