つくる。まもる。[ CSRの取り組み ]

お客さまサービスの向上

お客さまの期待と信頼に応える高品質な製品・サービスを、いかなる時も提供できるように、しくみづくり、しくみを動かす人づくり、そして人が力を発揮できる環境づくりに努めています。

品質マネジメント

 ミライトグループ各社は、統合マネジメントシステムの一つとして品質マネジメントシステム(ISO9001)を認証取得しています。「安全・安心・信頼の確保」を経営基盤と考え、「品質方針」を定めて、高品質の工事やサービスの提供に努めています。また、社内規定類により、具体的なプロセス・手順や判断基準を明確化しています。

 毎年度、各グループ会社が事業内容に応じた目標(設備事故件数、検査指摘件数、お客さま満足評価ポイント、など)を設定し、その達成状況をレビューして、次年度以降の取り組みにつなげています。

品質方針

標準化された生産・サービス活動を効率的に展開し、お客さまの期待・信頼に応える高品質な製品・サービスを提供する。

  • 適用される法規制および顧客要求事項に迅速に対応する。
  • 「お客さま第一」の理念のもと、製品・サービスの質的向上並びに施工品質の向上を図ることにより顧客満足度を向上させるとともに、効率的な生産・サービス活動を実現する。
  • 品質リスクを低減し、QCDの維持・向上を実現する(QCDとは、Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)。

技術力・現場力の向上

 ミライトグループでは、サービス品質を支える技術力を着実に向上させるために、様ざまな取り組みを行っています。

信頼される工事長を目指して

 事業推進の中核的専門人材である工事長のマネジメント力強化に向け、新任工事長と工事長補佐を対象に、「工事長研修」を行っています。

 近年では、工事件数の増加や工事内容の多様化・複雑化などにより、現場責任者としての工事長には幅広い対応力が求められています。本研修ではミライトグループの経験・ノウハウの集大成「工事長ハンドブック」を活用し、予算作成、原価管理などの工事管理の基本要素を学ぶほか、ディスカッションやロールプレイングの導入により、知識を有機的に理解し、課題解決力を高める取り組みにもアプローチしています。

※工事長は、ミライトグループが個別の工事の統括のために任命する監督職の一つです。

高所安全作業者認定の実施

 技術者が高所での作業を安全かつ確実に行えるよう、「高所安全作業者認定(アクセス系)」、「高所安全作業者認定(ネットワーク系)」を行っています。

 それぞれの2017年3月末現在の試験回数と総受験者数は、アクセス系2,972人、ネットワーク系243人となっています。

エキスパートカレッジの開講

 専門技術者の育成を目的としてエキスパートカレッジを開講し各種研修を実施しています。2016年度は新入社員を対象とした「アクセス系基礎技術コース」を9カ月間、また、「メタリックケーブル接続訓練科」を19日間実施しました。本研修ではアクセス技術の基礎知識・技能と安全施工能力を習得するとともに、情報配線施工や電気工事士など複数の技術系資格の取得を図りました。

安全再認識研修

 施工現場において安全指導や安全管理をする立場の社員(安全専任者、現場代理人等)を対象とした「安全再認識研修」を行っています。安全パトロールにおけるポイントなどを座学や実習、事故事例検討などを通じて再認識し、安全管理能力の向上に役立てています。2016年度は5回実施し55名が受講しました。

「優秀施工者国土交通大臣顕彰」を受賞

  •  2016年10月、(株)ミライト神奈川支店アクセス部の近江貴弘(写真右)、(株)ミライト・テクノロジーズNTT事業本部東日本事業部アクセス部の田中義信(写真左)が、「優秀施工者国土交通大臣顕彰」(建設マイスター)を受賞しました。この顕彰は、現場の第一線で働く全国の建設技能者のうち、特に優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成などに多大な貢献をしている者に授与されるものです。ミライトグループでは、2012年から5年連続で受賞しており、今回はグループ創設以来初のミライト、ミライト・テクノロジーズ両社での受賞となりました。

業務パートナーと手を携えた取り組み

 ミライトグループは、サービス品質の維持・向上には業務パートナーのご協力が欠かせないとの認識から、連携による取り組みを進めています。

評価標準の設定と連携強化

 ミライトグループでは、統合マネジメントシステムの一環として、事業の品質に影響を与える製品・サービスを供給する事業者を対象に、「供給者(調達先)評価・選定実施標準」を定めています。新規取引先および一定規模を超えた継続取引先の事業者について、多角的な(品質、納期、改善活動、経営の安定性、環境保全、情報資産管理の6領域について)評価を行い、その結果によるランクが高い事業者から優先的に購入することとし、優良パートナーとの連携を強化しています。

交流とコミュニケーション

  •  事業会社と協力会社相互の理解とコミュニケーションを深め、健全な経営に資することを目的として、協力会社約200社を会員とする「協力会」活動を行っています。本部活動および安全・技術者育成・経営情報の3つの部会で、各種研修会や、安全対策などの活動を行い、協力会ホームページでは相互の情報共有を図っています。

     また、地域に拠点をもつ協力会社と事業会社との交流を深めるため、全国を9エリアに分け、エリアごとの「地域交流会」を定期的に開催し、事業計画の展開や情報交換などを行っています。2016年度は参加した358社との間で、今後の事業展開についての意識合わせを進めました。

業務品質の総合的な向上

 ミライトグループは、サービス品質を着実に向上させていく鍵は、業務品質全般の水準を常に高めていくことだと考えています。現場(グループ社員および協力会社の社員を含む)の業務に関する気付きや意見を積極的に取り上げ、業務の効率や品質を向上させる「KAIZEN提案活動」を促しているほか、グループ会社の現場チームが集まり、取り組みの成果を紹介して相互研鑽につなげる「ミライトグループKAIZEN大会」も定期的に開催しています。2016年度は15チームが発表を行い、それぞれの創意工夫の成果を共有しました。

 さらに、経営的視点で会社全体の業務品質を高めていくTQM(Total Quality Management)活動にも、ミライトグループ全体で取り組んでいます。

  • 地域や協力会社の方々と心を通わせる仕事を

     私は、大手通信キャリア様の基地局工事の新設・増設・撤去などの工事長として、現場での安全管理と指導、進捗管理、原価管理、そして品質管理に責任を負っています。

     基地局工事は、地域にお住まいの方々のご理解が前提となるため、皆さまのお気持ちを察しつつ、誠実なコミュニケーションを心掛けて仕事に取り組んでいます。それだけに、無事に完工できたときの喜びはひとしおです。

     私は中途入社組で、前職では現場作業責任者として基地局施工を担当していました。そのため、協力会社の立場も実感を持って理解できます。どうすれば、協力会社の方々に過剰な負担をかけることなく、より合理的で円滑な工事にすることができるかを考え、今の立場でできる努力をするように心掛けています。

     私は、工事長という仕事に大きなやりがいを感じており、そのことを後進にも伝えていきたいと考えています。名実ともに社内外から頼られる工事長になるべく、更に研鑽を積んでいきたいと思います。

  • (株)ミライト
    モバイルコミュニケーション事業本部
    エンジニアリング部
    高橋 亮